windows7のサポート期限は2020年1月14日です。

windows7を使っているけど、windows10を試してみたいと思ってる方は多いと思います。
windows7にインストールをしたVirtualBoxにwindows10をインストールすることで可能になります。

VirtualBoxをインストール方法は下記を参考にして下さい。

windows10のISOファイルをダウンロードする方法は下記を参考にして下さい。

windows7のVirtualBoxにwindows10をインストールする

VirtualBoxにwindows10をインストールした環境

OS:windows7 ultimate 64bit
VirtualBox6(6.0.4)
HDD:SSD480GB
メモリ:16GB

VirtualBoxのインストールは10年くらい前の古い(低スペック)パソコンでも可能です。
VirtualBox(仮想パソコン)の中に、どのOSをインストールするかによって、要求されるパソコンのスペックが変わってきます。

今回はwindows10 64bit版をインストールします。
マイクロソフトの公式サイトでは、windows10 64bitのインストールのシステム要件は下記のようになっています。

windows10 64bitをインストールするのに最低限必要なスペック

CPU:1GHz
メモリ:2GB
ハードディスク(HDD):32GB
グラフィックカード:DirectX 9 以上

Windows 10 インストールのシステム要件
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#primaryR2

最低限必要なスペックの状態でインストールをすると、動作がカクカクして重くなるため、少し余裕をもったスペック環境でインストールすることをオススメします。

今回の作業の流れになります

  1. 1.windows7にインストールしたVirtualBoxにwindow10をインストールするための仮想マシン(領域)の作成をします。

  2. 2.windows10のISOファイルを用意する

  3. 3.VirtualBoxで作成した仮想マシン(領域)の中にwindows10(ISOファイル)をインストール

VirtualBoxを起動し、新規をクリックする

仮想マシンの作成をする

次のような画面が立ち上がるので、仮想マシンを作成します。

Nameは任意の名前を記入します
windows10をインストールしたとわかるような名前がいいと思います。

バージョンはインストールするwindowsのバージョンを選択します
windows10 64bitを選択します。

仮想マシンにメモリ容量を割り当てる

windows10 64bitをインストールした時に使うメモリ容量を設定します。
マイクロソフトの公式サイトでは、2GB(2000MB)必要と書かれていたので、2GB(2000MB)以上を割り当てます。
管理人のパソコンは16GB(16000MB)積んでいるので、4GB(4000MB)を割り当てました。

画像の1は、選択したメモリ容量になります。
画像の2は、選択できる最大のメモリ容量になります。
最大でメモリを割り当てると、VirtualBoxをインストールしているパソコンの動作が重くなるので注意して下さい。

※ここで選択したメモリは、VirtualBoxを起動して、作成した仮想パソコンを動作させている時にだけ、メモリを占有されるため、VirtualBoxを起動していない場合は、選択したメモリ容量を占有されることはありません。

仮想マシンを作成する

メモリを割り当てたらこのような画面に切り替わります。
後でハードディスクの容量は選択できるので、仮想ハードディクスを作成するを選択して、作成をクリックします。

仮想ハードディスクのファイルタイプを選択する

仮想ハードディスクのタイプを決めます。
VDI、VHD、VMDKを3つの選択が可能です。
VDIを選んで作成して下さい。
VDIは仮想マシン作成後にハードディクスの容量変更が可能です。

  • VDI(VirtualBox Disk Image)=VirtualBox独自のディスクイメージ
  • VHD(Virtual Hard Disk)=Hyper-V、Virtual PCなどで使われているディスクイメージ
  • VMDK(Virtual Machine Disk)=VMware(Workstation)のディスクイメージ

物理ハードディスクにあるストレージを決める

可変サイズと固定サイズがあります。
好きな方を選んで問題ありません。
HDDの容量が小さい場合は固定サイズがオススメです。

ファイル場所とサイズ

仮想マシンに割り当てるハードディスクの容量を決めます。
windows10はHDDの空きは32GB必要なので、2倍ぐらいの余裕を持たせると良いです。

ハードディスクの容量を決めたら作成をクリックします。

仮想ハードディスクの作成

環境によって作成する時間は違いますが、管理人の古いパソコンでも5分程度で作成されます。

仮想マシンの完成

仮想マシンが作成されると左のメニューに追加されます。

これでwindows10をインストールする仮想マシン(領域)が作成されました。
次は実際にwindows10をインストールします。

仮想マシンは何台も作成することが可能です。
複数台作成する場合は容量が大きなハードディスクが必要になります。

VirtualBoxにwindows10をインストール