Windows10 iso

マイクロソフトの公式サイトから、Windows10 isoファイルのみを直接パソコンにダウンロードする方法を紹介しています。

通常は、MediaCreationToolを使ってWindows10をダウンロードする必要があります。
MediaCreationToolのデメリットは起動をして読み込むまでに時間がかかることです。

マイクロソフトの公式サイトからWindow10 isoファイルをブラウザから、直にダウンロードする方法を紹介します。

Window10 isoファイルをダウンロードする方法を解説

Windows10をダウンロードする環境

Google Chrome(最新版)

google chromeを使って、Windows10 isoファイルを直にダウンロードすることが可能です。

google chromeでマイクロソフト公式、ダウンロードページへアクセス

google chromeの右上にあるアイコンをクリックします

右上にある「︙」は、「縦の三点リーダー」という名称になります。
「縦の三点リーダー」をクリックします。
google chrome 縦の三点リーダー

その他のツールを選択して、デロッパーツールをクリックします

「縦の三点リーダー」をクリックしたら、「その他のツール(L)」にマウスを移動させて、「デロッパーツール(D)」をクリックします。
google chrome デロッパーツール

すると、下記の画面に切り替わります。
デロッパー画面

toggle device toolbarをクリックします

タブレットマークのアイコン「toggle device toolbar」をクリックします。
toggle device toolbar

下記の画面に切り替わります。
google chrome タブレット画面1

google chromeの更新ボタンをクリックします

キーボードの「F5」ボタンをクリックしても同じになります。
google chrome f5更新

下記の画面が切り替われば成功です。
google chrome タブレット画面2

エディションの選択をする

2019年6月4日時点では「Windows10 May 2019 Update」「Windows10 October 2018 Update」の2種類がありますが、両方Windows isoファイルになります。

違いは、新しい方はWindows10の不具合が修正されているバージョンになります。
「Windows10 May 2019 Update」が最新になります。
Windows10 May 2019 Update選択

エディションでダウンロードするWindowsを選択したら「確認」をクリックします。
Windows10 May 2019 Update確認

言語の選択をする

「1つ選択」のメニューで、日本語を選択します。
Windows iso 日本語

言語で「日本語」を選択したら、「確認」をクリックします。
Windows10 May 2019 Update日本語を選択

32bitか64bitを選択する

64bitをクリックすると64bit版Windows10のダウンロードが開始されます。
32bitをクリックすると32bit版Windows10のダウンロードが開始されます。
Windows isoファイルをダウンロード

64bitと32bitどちらをダウンロードしたら良いのかわからない場合。
現在使用しているパソコンにインストールして使う場合は、現在のパソコンに合わせます。
現在使用しているパソコンが32bitの場合は32bit版をダウンロード、64bitの場合は64bit版をダウンロードします。

Windows7での調べ方(Windows10も同じ)
左下の「Windowsマーク スタート」を左クリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックして起動させます。
名前(O)に、「dxdiag」と記入して、OKをクリックすると、下記の画面が立ち上がります。
Windowsスタート

dxdiag

オペレーティング システムの項目でOSの種類がわかります。
DirectX 診断ツール