USBメモリ

USBメモリに4GB以上のファイルをコピーする方法を紹介しています。

対象OS:Windows7、Windows10(すべて)

USBメモリの容量は足りてるのに、大きなファイルをUSBメモリにコピー(移動)させると、「ファイルは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません」と警告が表示されてコピーできないことがあります。

32GB(空き容量29.7GB)のUSBメモリに4.5GBのファイルをコピー(移動)することができませんでした。

リムーバブルドライブ

ファイルサイズが大きすぎてできないとのこと。
USBメモリには十分に空き容量があるのになぜなんでしょうか?

ファイルは大きすぎて、対象のファイルシステムに入りません

原因はUSBメモリのファイルシステムに原因があります。

解決する方法はUSBメモリのファイルシステムを変更し、「FAT32」から「NTFS」でフォーマットすると、大きなファイル(4GB以上のファイル)をUSBメモリにコピーすることが可能になります。
そのやり方を紹介します。

USBメモリのファイルシステムの種類

USBメモリのファイルシステムは、「FAT32」「exFAT」「NTFS」の3種類があります。
USBメモリを購入した時、多くがFAT32でフォーマットされています。

FAT32
Windows、Mac、Linuxで使うことができます。
デメリットは一つのファイルサイズが4GB以上のファイルを転送(コピー)することができません。

exFAT
Windows、Macで使うことができます。
ファイルサイズの制限がありません(256TBまで)。

NTFS
Windowsで使うことができます。(Macでは読み込みのみ可能)
ファイルサイズの制限がありません(256TBまで)。

USBメモリのファイルシステムを調べる方法

現在使っているUSBメモリのファイルシステムがわからない場合は、USBメモリのプロパティを見るとわかります。

1.パソコンにUSBメモリを装着した状態で、コンピューターを開きます。
Windows7の場合は、左下のスタートをクリックすると、コンピューターの項目が表示されます。

コンピューター

2.USBメモリの上で左クリック(1回)をして選択します。

USBドライブ

3.USBメモリを選択した状態で右クリックをして、プロパティをクリックします。
ファイルシステムの項目に現在のファイルシステムが表示されています。
この場合は、ファイルシステムはNTFSということです。

USBメモリ ファイルシステムNTFS

USBのファイルシステムをFAT32からNTFSに変更する方法

USBメモリの多くがFAT32でフォーマットされた状態で販売されています。
FAT32の場合、1つのファイルサイズが4GB以上だとコピーできないため、NTFSにフォーマットをする必要があります。

1.USBメモリの上で右クリックをして「フォーマット」を左クリックします。

USB フォーマット

2.ファイルシステムをFAT32から「NTFS」に変更し、「開始」をクリックします。

USBメモリ FAT32

ファイルシステムをNTFSに変更し、開始をクリックするとフォーマットが始まります。
ファイルシステムをフォーマットすると、既存のデータもすべて消去されてしまうので注意して下さい。

ファイルシステムNTFSに変更

3.フォーマットをするとUSBメモリに入っているすべてのデータが消去される警告がでてきます。
問題がなければ「OK」をクリックします。

フォーマット警告

4.しばらくするとフォーマットが完了します。
(フォーマット開始になるまで少し時間がかかる場合がありますが、そのままじっと待って下さい)

フォーマット完了

5.USBメモリのプロパティを見ると、FAT32からファイルシステムがNTFSに変更になっています。

ファイルシステムFAT32からNTFS

これで1ファイルの大きさが4GB以上のファイルのコピーも可能になりました。

USBメモリNTFSに変換