Windows10 iso

この記事でわかること

マイクロソフトの公式サイトから、Windows10ファイルを直接ダウンロードすることができます。
Windows10のDVDなどのメディアが壊れた人は、再度Windows10を購入する必要がありません。

YOUTUBEで見る

Window10をダウンロードしてファイルを保存する方法

Windows10のファイルをダウンロードするのは共通ですが、保存方法は2つあります。

  • USBメモリから起動をしたい方はUSBメモリ(8G以上)が必要
  • DVDから起動したい方はDVDが必要(DVD保存の場合はISOファイルになります)

今回はUSBメモリを使ったWindows10の保存を解説します。

ブラウザでマイクロソフトのWindows10ダウンロードページへアクセス

Windows10ダウンロードページへアクセスをしたら、中段ぐらいにある「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。
windows10ダウンロード

「MediaCreationTool20H2.exe」がダウンロードされるので保存します。
MediaCreationTool20H2.exe

MediaCreationTool20H2.exeを実行してダウンロード開始

MediaCreationTool20H2.exeをクリックすると、「適用される通知とライセンス条項」が表示されるので、「同意する」を選択します。
「適用される通知とライセンス条項

「準備ができるまで少しお待ち下さい」と画面が表示されるので少し待ちます。
準備ができるまで少しお待ち下さい

別のPCのインストールメディアを作成する

USBメモリやDVDに保存する場合は、「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して、「次へ」を選択します。

Windows10の言語とアーキテクチャを選択

言語は日本語、エディションはWindows10のみ、アーキテクチャは32bitか64bitの選択ができます。
どれを選択したらわからない方は、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックが入った状態のままで自動で決定してくれているのでこのままで良いです。
上記の選択が決まったら「次へ」を選択します。
このPCにおすすめのオプションを使う

使用するメディアを選択

USBメモリにダウンロード保存する場合は、「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」を選択します。
※ここでUSBメモリ(8GB以上)をパソコンに挿していないと次へを選択しても先に進めません。
USBフラッシュドライブ

どのUSBメモリに保存をするのか選択をして「次へ」を選択。
USBメモリ選択

これでWindows10をダウンロードする設定が完了しました。

Windows10のダウンロード開始

ファイルサイズが約5.6GBあるため、回線速度などの状況によってダウンロードする時間が少しかかります。
Windows10ダウンロード

ダウンロードが完了したら、「Windows10のメディアを作成しています」と自動的に移行します。
この時もWindows10メディアを作成するのに少し時間がかかります。
Windows10のメディアを作成しています

USBメモリへのダウンロードとメディア作成が完了

Windows10メディアの作成が終わると、「USBフラッシュドライブの準備ができました」という画面に切り替わると、USBメモリにWindows10のダウンロードがされたことになります。
「完了」を選択して終了です。
USBフラッシュドライブの準備ができました

下記はWindows10をダウンロード保存したUSBファイルの中身になります。
setup.exeを実行(クリック)するとWindows10のインストールなどができます。
Windows10をUSBに保存