windows10にはWindows Update自動更新があります。
Windows Update自動更新が嫌だからwindows10に移行するのを避けている人も多いです。

Windows Update自動更新のデメリット
Windows Update(自動更新)が原因でパソコンがブルスクになってWindowsが立ち上がらなくなる不具合を起こしたことが過去に何度もあるからです。
windows7の時より、windows10の方がWindows updateが原因の不具合が多いです。

Windows updateを手動更新にすれば、自分がアップデートをしたい時にできるようになります。
Windows updateの不具合報告を確認してから、アップデートできるので、上記のような重い不具合を回避することができます。

そのため、管理人はWindows Updateを手動でしています。

windows10 homeはWindows Update強制自動ですが、手動や無効に切り替えることが可能です。
「windows10 home」「windows10 pro」両方でWindows Updateを手動/無効にする方法を紹介します。

Windows Updateの自動更新を手動/無効にする方法 サービスを使って無効にする

サービスからWindows Updateの自動更新を無効にするやり方を紹介します。

ファイル名を指定して実行を開きます。
キーボードの「windowsキー」「Rキー」を同事に押して下さい。

ファイル名を指定して実行で「services.msc」と入力して、「OK」をクリックしてサービスを起動させます。

もしくは、左下の検索窓に「サービス」を入力して、「管理者として実行」をクリックして下さい。

サービスが起動したらWindwos Updateを探します

アルファベットのAからZの順番に並んでいるので、下の方の「W」にあります。

Windwos Updateのプロパティを無効にする

「Windwos Update」で右クリックをして「プロパティ」をクリックします。

「無効」を選択する。

「適用」をクリックして、「OK」をクリックする。

「Windwos Updateが無効」になっていれば設定完了です。