Windows10はWindows updateが自動になっています。
自動アップデートはデメリットが大きすぎるので、手動でアップデートすることをオススメします。
個人で使うパソコンの場合は、半年に1度アップデートでもいいです。
1ヶ月に1回のアップデートを勧めている方もいますが、仕事や会社で使ってる方は1ヶ月に1回しましょう。

Windows updateを無効にする方法は下記で解説をしています。
停止にした場合、自身でupdateをしないと更新されませんので注意して下さい。

Windows updateを手動でする方法

ファイル名を指定して実行を開きます。
キーボードの「windowsキー」「Rキー」を同事に押して下さい。

ファイル名を指定して実行で「services.msc」と入力して、「OK」をクリックして「サービス」を起動させます。

サービスが起動したらWindwos Updateを探します

アルファベットのAからZの順番に並んでいるので、下の方の「W」にあります。

「プロパティ」を左クリックします。

スタートアップの種類で「手動」を選択して、「適用」をクリックして、「OK」をクリックします。

「手動」になっていることを確認する。

Windows updateを開く

ファイル名を指定して実行で「ms-settings:windowsupdate」と入力して、「OK」をクリックします。

更新プログラムのチェック

「更新プログラムのチェック」をクリックすると、手動でのアップデートが始まります。(windows10のWindowsUpdateを手動で開始されます)

windows7の場合は更新ファイルを選べましたが、windows10の場合は更新ファイルをチェックをクリックすると、更新ファイルのチェックとダウンロードとインストールが始まるので気をつけて下さい。

更新ファイルがある場合は、下記のようにダウンロードしてからインストールが実行されます。