みなさんの家の近くにはランニングできる場所がありますか?
大きな公園や河川敷が近くにありますか?

都会はアスファルトだらけ、田舎は畑や田んぼだらけで歩行者道路が狭いなど、ランニングする環境が悪い場所に住んでいる方もいると思います。

そのような方はスポーツジムなどでランニングマシーンで走っている方もいるのではないでしょうか?
ランニングマシーンは雨の日などは便利ですが、室内で毎日走るのは飽きませんか?(管理人は続きませんでした)

走る環境が悪い場所に住んでいても、歩いてみると意外とランニングできる場所は見つかります。

どんな場所でランニングをすると、メリットやデメリットがあるのか考慮しながら一緒に探していきましょう!

マツカゼ 管理人マツカゼ 管理人

管理人は大きな公園と河川敷でランニングをしています。

大きな公園でランニングをする

ランニングに向いている

大きな公園でランニングのメリット
ランニングしやすいように道ができています。

走りやすいため、他にも走っている方がいるので、孤独になりません。
1人で走っているのと、知らない人だけど他に走っている人がいるのとでは気分的にも違ってきます。

大きな公園でランニングのデメリット
犬の散歩をしている人も多く、犬に吠えられたりかまれたりする可能性があることです。
管理人は5年ランニングを公園でしていますが、大型犬にかまれそうになったことがあります。

自然が多い公園だと、春や秋に害虫が発生するので、ランニング中に口の中や鼻の中に入ることがあります。

河川敷でランニングをする

ランニングに向いている

河川敷でランニングのメリット
河川敷はランニングの定番で、ランニングをしている人はとても多いので孤独感から解放されます。

一番のメリットは見渡しが良くて、景色が良いので、気持ち良く走れることです。

河川敷でランニングのデメリット
サイクリング(自転車)をしている人も多いので、衝突事故の危険性があります。

川沿いなので、風が強い日が多い。

公園と同じく自然が多いので、春や秋に害虫が発生する。

歩行者道路でランニングをする

ランニングに向いている

国道などでランニングをしている人を見かけることがあります。
交通も多いし、信号もあるのでオススメはできません。

管理人も台風で河川敷や公園が使えなくなった時は、歩行者道路でランニングをしていましたが、普段は歩行者道路では走りたくないです。

歩行者道路でランニングのメリット
思いつきません。

歩行者道路でランニングのデメリット
歩行者や自転車や車が多いので、常に気をつけて走る必要がある。

信号機があるので、止まることが多い。

車の排気ガスなどで苦しいことがある。

ランニングコースをする場所を探す方法のまとめ

近くに大きな公園や河川敷がない方は、ジョギングノートというサイトがあるので、ジョギングマップで検索をして、ランニングできる場所がないか探すのも良いです。

ジョギングノートは無料で使えて、たくさんの人が毎日ランニングの記録をつけているので、参考になりますよ。