NoxPlayer

Windows10にNoxPlayerをインストールする方法を紹介しています。
Windows10でインストールの方法を掲載していますが、Windows7もインストール手順は同じです。

NoxPlayer6.3.0.5のAndroidは5.1.1です。
エミュレーターの追加で3つのAndroid(4.4.2、5.1.1、7.1.2)を利用することが可能になります。

対象OS:Windows7、Windows10(すべて)

NoxPlayerとは、Androidアプリをパソコンにインストールして遊ぶ(動作)ことが可能です。
スマホのアプリやゲームをパソコンから動作させることができます。
多くのAndroidアプリがNoxPlayerで動作します。
WindowsとMacに対応しています。

NoxPlayerのインストール推薦環境

NoxPlayer バージョン6.3.0.5
今後、バージョンアップでインストール推薦環境は変わる可能性があります。
(Macの場合、OSの最低と推薦スペックの記載がありませんでした)

・NoxPlayerを単体で使う場合(最低スペック)
OS:WindowsXP SP3以降
CPU:Dual-core(Intel、AMD)
メモリ:1.5GB以上
グラフィック:OPEN GL2.0以上
ハードディスク空き容量:1.5GB

・NoxPlayerを複数使う場合(推薦スペック)
OS:Windows7以降
CPU:Multi-core(Intel、AMD)
メモリ:4GB以上
グラフィック:良いグラボほどパフォーマンスが向上する
ハードディスク空き容量:1.5GB

公式サイトのブログより

管理人がNoxPlayerをインストールした環境

1台目(低スペックパソコン)
パソコンモデル名:Express5800/S70
OS:Windows 7 Ultimate 64bit
CPU:Intel(R) Pentium(R) CPU G6950
メモリ:16GB
グラフィック:ATI Radeon HD 5670

2台目
パソコンモデル名:1310MDV-GZ7200B-W7
OS:Windows 7 Professional 64bit
CPU:Core i7 i7-4770
メモリ:16GB
グラフィック:RADEON HD8770

3台目
パソコンモデル名:Radiant VX2800B450A
OS:Windows 10 Pro 64bit
CPU:AMD Ryzen 5 3600
メモリ:32GB
グラフィック:GeForce GTX1650 4GB GIGABYTE製GV-N1650IXOC-4GD

操作手順

NoxPlayerの公式サイトでダウンロードします。(2019年8月9日現在 バージョン6.3.0.5)

NoxPlayer 公式サイト

https://jp.bignox.com/

「ダウンロード」をクリックするとファイルのダウンロードが始まります。

NoxPlayer

「ファイル(nox_setup_v6.3.0.6_full_intl.exe)」がダウンロードされたらダブルクリックしてインストールをします。

(ダウンロードしたファイル名はバージョンが変わると数値の部分が変わります)
(ファイルは約363MB)

nox_setup_v6.3.0.6_full_intl.exe

「インストール」をクリックします。

nox_setup.exeインストール

インストール中の画面が終わるまで待機します。

NoxPlayerインストール中

インストールが終わると開始の画面に切り替わるので「開始」をクリックします。

NoxPlayer開始

開始をクリックすると、チュートリアルの選択画面に切り替わります。
「チュートリアルに入ります」をクリックすると、NoxPlayerの画面に表示されているアイコンなどの説明があります。

NoxPlayerチュートリアル

NoxPlayerを起動させた画面。
(最初からいくつかのゲームなどがインストールされた状態になっています)

NoxPlayer6.3.0.5

デスクトップには2つのアイコン「Nox」「Multi-Drive」が作成されます。
Noxは、NoxPlayerを起動。
Multi-Driveは、複数のAndroidエミュレーターを作成して起動することができます。

NoxPlayer Multi-Drive